金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ここ十年ほどで一気に増えてきた

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。

今では、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うお店が最近は多いようです。

専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。

家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。

少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、終始良い雰囲気でした。

買取金額もそこそこの値になったので、結果的には正解でした。

金の買取を利用する上で、気にすることは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を十分見極める必要があるでしょう。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は手を出してはいけません。

買取金額だけが高くても油断はできません。

見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと変化します。

金製品の価値を測る上で、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段で買い取ってくれるのかという見積を事前に立てられることです。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか注意深く判断してください。

不況の影響もあってか、金の買取サービスを利用する人

不況の影響もあってか、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

そうしたアイテムをお持ちの方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。

とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。

金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。

鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。

元手があるなら投資を考えてもいいですね。

投資対象は色々ありますが、最たるものが金でしょう。

何と言っても金は値崩れしにくいのです。

ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。

金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。

とはいえ、相場の変動も当然あるので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握することをオススメします。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった指輪やネックレスなどの金製品を持て余している人は案外多いようです。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

貴金属を買取してくれる店を探して、公開されている参考買取額をもとに、最も良い条件で売却できる店はどこか、見比べて選びましょう。

店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。

もう使っていない金製品などを買取に出す際は、注意するポイントがあります。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件がピンキリだということなのです。

なので、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、お店選びをよく検討して判断する必要があります。

今では身に着けなくなった金製のアクセ

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取店に持ち込む前に、考えておかねばならない点があるのです。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、店舗ごとの基準によって、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はそれぞれ異なっていることです。

ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるか熟慮して判断するべきでしょう。

手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人は、やはり少なくないようです。

そんな人もご安心下さい。

デパートで買取を実施する場合があるのです。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。

金製の指輪やネックレスなどは、十年以上前に買ったものでも、時代遅れのデザインだったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

捨てるのもしのびないという人は、お近くの金買取店で売却することもできます。

ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。

自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。

買取店でそう言われてしまったときは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。

買取サービスには昔から色々なものがあります。

最近人気なのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。

このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

買取金額の連絡が来たら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人が主に利用しているようです。

金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。

メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

しかし、郵送で買取を行う場合、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。

できる限り高額で手放すためには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。

店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用をゼロと謳っている店も最近は多いですので、店舗選びの際の参考にできます。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで迷うというのはよく聞く話です。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。

初めての方が注目するべきは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。

ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。

そうすると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、ずっと身に付けていない品があったらその業者に売却できるという話でした。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、ブームが過ぎてしまったなどでもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。

自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

買取店でそう言われてしまったときは、運が悪かったと思って諦めることです。

買取店にとって真贋鑑定は重要で

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金の買取で課税されることなどないでしょう。

お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、しっかり利益を計上し、多額の税金を納めていることと思います。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。

高い値段を付けてくれるかも大事ですが、手続の簡便さも重要なポイントです。

郵送なら振込の早さも大事です。

最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

信頼のおける情報といえば、利用者からの生の声です。

これは口コミやレビューの形で確認できます。

目についた中で最も口コミの良いお店を選択するようにしましょう。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、ここ数年で、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も金製品の買取価格が上がる要因だったと考えられます。

近年では、店頭ではなくネット

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

買取で少しでも得をしようと思えば、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

買取にかかってくる様々な手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で手放すことができるでしょう。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、なかなか首を縦に振らない人には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

このような業者は詐欺も同然であり、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、本物の金でないことはすぐにわかります。

不況の影響か、金買取の相場が次第に上がって

不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、原則としては、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

もう使っていない金製品などを専門店で買取してもらうにも、事前に留意すべき点があるのです。

金の価値は相場でも変わる上、持ち込む店舗により、最終的な買取価格は全く異なるという点です。

店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、どの店に売却するかよく検討して判断する必要があります。

手持ちの金製品を買取に出す時には、買取価格が最も気になるところです。

しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。

景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、実際の買取額もそれに応じて変わります。

そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、テレビやネットの情報に目を光らせ、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

金の価値が上がっている昨今、実に多くのお店が買取サービスを謳って営業しています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる店も一般的になってきたのです。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

金買取の利用を検討している場合は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。