金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取がブームですね。古いネックレスが買取

金買取がブームですね。

古いネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。

一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、査定結果をメールなどで確認したら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。

普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間や地域の制約を受けることもなく、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるケースが増えてきています。

鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、専門店と並んで有力な候補になります。

手元の金製品を処分したいといっても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。

その時は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。

利用を申請すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、査定してほしい品物を入れて送り返します。

しばらくして、査定の金額と確認の連絡が来て、自分がその金額を承諾すれば、直ちに買取金額が口座に入金されます。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、何重もの税金を支払っていることでしょう。

ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、流行に乗るようにして、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、いわゆる「訪問購入」による被害が最近増えているようです。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。

後から売却をキャンセルされまいと、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。

怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

少し前に、祖母の逝去に伴って、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。

金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、初めてなので不安も大きかったですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。

買取額も十分納得できるもので、思い切って利用してみてよかったです。

未だ記憶に新しいリーマンショック

それから今日に至るまでで、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。

最近ではさらに、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も金の価値が高騰する引き金だったと考えられます。

金を買取に出そうと考えたとき、普通に思い至る売却先といえば、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方も多くいるのではないでしょうか。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。

催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。買取

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。

買取業者が自宅を訪問し、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、いわゆる「訪問購入」による被害がここ数年で急増しています。

まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。

被害に遭わないよう十分注意してください。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。

こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを頭に入れておくことをお勧めします。

初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

こうした基本的な計算法を活用し、適正価格での買取が行われているのかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。

一口に投資といっても対象は色々あります。

最たるものが金でしょう。

金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、実際に買取に持ち込むなら、事前にネットなどで金相場を把握した上で決断するのが得策でしょう。

アクセサリーなどの金製品を手放した

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。

しばらくして、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

専門に金買取を扱う業者などだと、取引の量が個人とは違いますから、利益分を届け出て課税されているはずです。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。

それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。

そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。

老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。

じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは1000分の750という純度です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取しても

最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。

買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

買取で少しでも得をしようと思えば、条件の良いお店を選ぶことが大切です。

買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が引かれないところも多いですから、なるべくそういう店を選びたいものですね。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

使わない貴金属の処分に困ったときは、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額には十分なることと思います。

不況の影響もあってか、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

ここ十年くらい、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

街頭だけではなく、ネットにおいても、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。

せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。

高額で売却するためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選択するのが何よりの基本になります。

また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも怠ってはいけません。

持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。

貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店

貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないのが一般的です。

とはいえ、例外的に、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

しかし、たとえ親の同意があっても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

初めての金買取。

良い買取店を見極める方法で最初は迷うものですよね。

少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは当然ですよね。

売却するお店を決める時に役立つのは、口コミやレビューなどでの評価です。

口コミでの人気が高ければ、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていると見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは得策ではありません。

何と言っても、僅かな情勢変化により、金は買取額がコロコロと変わるためです。

そこで、刻々と変わる相場に目をつけ、最適のタイミングで買取を依頼することに全てがかかっています。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を欠かさずチェックして、最も得する時を狙って売却するのです。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。

相場変動を逆手にとって、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。

最近は未成年が高額な品物を身に付けてい

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。

よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。

ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

しかし、たとえ親の同意があっても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。

押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。

店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら実質的には税金は課されないということです。

初めて金買取を利用してみようと思っている方は、買取価格が最も気になるところです。

でも、買取額は一概には言えません。

金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。

こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売りたいと思う方は、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことが大事になってきます。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントと解釈してください。

もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。