金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

店への持ち込みではなく、業者のほうが

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを頭に入れておくことをお勧めします。

近頃では、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といったテレビCMをよくやっている印象です。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。

いくらかでも現金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

そのため、元々金を持っていれば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。

基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。

その理由には、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。

金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。

昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

しかし気になる点もあります。

それは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。

自分も金による資産保全が気になるという方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。

買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も失敗しないでしょう。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、タ

バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、流行に乗るようにして、金買取に参入する業者が増えてきました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどでもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

でも、ここで落とし穴があります。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。

この前、身内が他界して、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、素人の私にも優しい印象でした。

買取金額もそこそこの値になったので、利用してみて正解だったと今では思います。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。

金の購入をご検討されている方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。

それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも贋物の心配などと無縁で済みます。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナで

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。

せっかくの金買取。

必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、買取のタイミングを決めるべきです。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが一般的といえます。

相場の変動を味方につけて、高値で売れるようになれば一人前です。

リーマンショック以降、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、大変多くの店が出てくるので驚きます。

要らないものを買い取ってもらえるのだから、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。

消費税が5%から8%に上がったの

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ハンガリーノルウェースウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。

そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。

金・プラチナの高額買取をウリにした店も最近は増えてきましたので、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。

金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限があるのが当たり前です。

よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られると思った方がいいでしょう。

ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。

さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

お手持ちの金製品を買取に出す際、押さえておくポイントとしては、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を小刻みに確認しておき、最適のタイミングで買取に出しましょう。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

皆さんも、利用するお店を選ぶときには、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がか

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

その業者によれば、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を当たるというのが基本ですね。

加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくことも必須であるといえます。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。

少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

金買取はそれまで利用したことがなく、買取してもらうお店をすぐには決められず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。

調べた結果、御徒町のあたりに、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。

専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、思った以上の値段が付いたので満足しています。

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

さらに、取引の安全を守る意味でも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は売却できないのが通例です。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を看板に掲げています。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

金の売却において留意すべき点は、何よ

金の売却において留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を小刻みに確認しておき、買取のタイミングを決めるべきです。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。

いわく、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。

リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段の臨時収入が期待できます。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を看板に掲げています。

評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるお店が最近は多いようです。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

不要になった貴金属の売却を考えているなら、専門店と並んで有力な候補になります。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、責任を取れないので、法律の規定により単独で買取サービスを利用することができません。

さらに、取引の安全を守る意味でも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば売却できないのが通例です。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

お店のほうでは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、しっかり利益を計上し、結構高い税金を課せられているでしょう。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、お店の人に確認してみるといいかもしれません。

都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店もあります。

どこも様々な工夫を凝らしているのですね。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

できる限り高額で手放すためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額が一切ない店も少なくないため、店舗選びの際の参考にできます。

元手があるなら投資を考えてもいいですね。

投資対象は色々ありますが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。

値段が崩れないのが金の魅力です。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。

ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、念のため、買取を利用する前に、その時の相場をチェックする必要があるでしょうね。