読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金は高級品というイメージがありますが

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金でできていたり、一部に金が使われている製品が結構たくさんあったりします。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。

ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは迷わず買取に出してしまいましょう。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

でも、ここで落とし穴があります。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと変化します。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。

相場よりも高い金額で金を買い取るという宣伝を信じて買取を利用してみたら、納得できないような安い金額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などのケースはよく耳にするところです。

誠実なお店ならよいのですが、一部ではこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いです

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。

そのため、未成年の人は買取を利用できないケースが大半だと思われます。

ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

近頃は、実に多くのお店が金の買取をしていますから、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。

店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。

そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で金を手放してしまったという苦い経験をした方もいるかもしれません。

多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどというケースが割と多いようです。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

サイト上で大体の買取価格を載せているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

直接お店に行かない形式の買取でも、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

少しでも高い金額で売却するためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、なるべくそういう店を選びたいものですね。

貴金属の代表といえば金とプラチナです

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかを即答できる人は少ないかもしれません。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

昔は特にそうでした。

要因としては、元々の埋蔵量の少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、あまりの希少性の高さが、その価値を形作っているというわけですね。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、続きを聞いてみたくなりました。

そうすると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、不要な品を高値で買取してくれるというのです。

それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、勇み足になるのは正直、正解とは言えないのです。

皆さんが思っている以上に、景気の変化などにより、貴金属は価値がコロコロと変わるためです。

こういった理由から、刻々と変わる相場に目をつけ、最適のタイミングで買取を依頼することが大事になってきます。

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。

今では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を行っているようです。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。

専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。

金製品を売りたいという方は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、当然、そのぶん現実に買取額として受け取れる金額は減ってしまう結果になります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

せっかくの買取で後悔しないように、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

手持ちの金製品を買取に出すとしても、たくさんある

手持ちの金製品を買取に出すとしても、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、初めての方はよく迷うようです。

どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰でも同じだと思います。

では、どんな基準で選べばいいのか。

ポイントは、「利用者からの人気」が第一です。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、お客さんからの満足度が高いと見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

ただし、同じ量の金でも店によって売却金額は変わりますから、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、店の違いによって金額も大違いになりますから、店の選択には注意しましょう。

昔買ったきりでずっとご無沙汰というプラチナや金製の指輪などの装飾品が沢山あるという方もいるでしょう。

もう使わないことが分かりきっているなら、専門のお店で売却することを検討してもいいと思います。

金・プラチナの高額買取をウリにした店も街に溢れていますから、いくらの値段が付くか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。

金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。

昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。

金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにもセーフティですよね。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を確認してみましょう。

金製品にはほぼ必ず、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントというのが一定の目安になります。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

一口に金と言っても、その純度によ

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18金(18K)」などの表現になります。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。

手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは多種多様な品物を売却することができます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。

サイト上で大体の買取価格を載せているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

できる限り高額で手放すためには、念入りに業者を探さなければなりません。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額が引かれないところも多いですから、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

手持ちの金製品を買取に出すとしても、どこのお店

手持ちの金製品を買取に出すとしても、どこのお店に持ち込めばいいのか迷うというのはよく聞く話です。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは誰だって考えることですよね。

お店選びの最もわかりやすい基準は、「利用者からの人気」が第一です。

多くの人が良かったと言っているお店は、買取に不備がなく、信用が置けるお店であることを示しており、参考になります。

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。

自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、お客さんの方から店に直接品物を持って行く形が基本であるといえます。

目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。

査定額の理由などをちゃんと説明してくれるショップも増えてきましたので、その場でよく考え、本当に納得してから手放すことが可能です。

初めての方でも安心ですね。

金の買取が今流行りですね。

近年では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を取り扱うようになりました。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うところが多くなってきました。

専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。

家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。

最近数が増えてきた金買取ですが、その中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

いきなり家にやってきたかと思うと、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。

玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。

金買取のサービスが最近流行っています。

金買取のサービスが最近流行っています。

金の装飾品などは、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどで何年も使わずじまいという方も多いと思います。

家にそういうものがあれば、お近くの金買取店で売却することもできます。

とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そのようなケースでは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

買取時、こういった費用を取る店だったら、当然、そのぶん買取の対価として実際に手元に入る金額は少なくなります。

なんだか損した気分になりますね。

後から損した気分にならないためにも、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、しっかり利益を計上し、多額の税金を納めていることと思います。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのが得策ですね。

金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。

金買取はそれまで利用したことがなく、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、WEB上で情報収集することにしました。

そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。

実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。

金買取がメジャーになった現在では、実に多くのお店が買取サービスを行っているようです。

評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるお店が最近は多いようです。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

不要になった貴金属の売却を考えているなら、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。