金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

要らなくなっ

要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、注意するポイントがあります。

金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額は大きく変わってくることです。

そのため、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、何処に売るのが一番得になるか熟慮して判断するべきでしょう。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

ショップやネットなどの金買取の市場では、装飾品以外にも、様々な商品に値段をつけてもらえます。

一般に、金買取という言葉からは、何百万円もする高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

意外なところではメガネなどです。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も買取ショップでは売却することができます。

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。

それでも、どうしても不安なら、思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは普段意識することがないでしょう。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

百年ほど前は今よりもっと顕著でした。

それには、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。

最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。

それはその時によって異なるとしか言えないのです。

金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。

こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売りたいと思う方は、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。

広告を非表示にする