金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を利用す

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、売りたい金製品はいくらの値段で買い取ってくれるのかを事前に知っておくことでしょう。

基本的な算出方法を以下に示します。

ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方は、やはり少なくないようです。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

金の相場が上がっている近頃は、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。

金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

金歯などは典型的な例でしょう。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も買取ショップでは売却することができます。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。

まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。

そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。

何日かすると、メールで査定額を教えてもらえるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

金を買取に出す上で、まず大事なのはどのお店に買取をお願いするかということです。

高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、そして最も基本の部分としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

WEBの場合、何より参考にできるのは実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。

レビューで高得点を得ている業者を選びたいものですね。

広告を非表示にする