金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

店への持ち込

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。

しかし、安心してください。

訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

初めての金買取。

どこのお店に持ち込めばいいのか最初は迷うものですよね。

どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのはすべてのお客さんが思うことでしょう。

お店選びの最もわかりやすい基準は、口コミやレビューなどでの評価です。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。

金買取のサービスが最近流行っています。

金の装飾品などは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

家にそういうものがあれば、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

買取店でそう言われてしまったときは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

長年使っていない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

買取ショップは非常に多くなっているので、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。

今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

それでも、どうしても不安なら、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、断ろうとすると、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

後から売却をキャンセルされまいと、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

そこのお店で売却すればいい値段になるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、納得できないような安い金額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった話はネットを見ていても散見されます。

誠実なお店ならよいのですが、一部では客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

広告を非表示にする