金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金で最も高価なの

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等のバリエーションがあります。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

最近数が増えてきた金買取ですが、その中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。

主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。

こちらが相場などを知らないのをいいことに、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。

長年使っていない指輪やネックレスなどの金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、サイトやチラシで買取額を調べ、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で金を手放してしまったという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

最近増えてきた買取ショップの中には、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、良い方向への変化が期待できると思います。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。

もちろん、両者は別物です。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。

それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

広告を非表示にする