金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

もう使っていな

もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、以下の内容を頭に入れておいてください。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。

買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するか真剣に考えるのがいいですね。

資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。

まず調べておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。

初めて金を買うときには、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも失敗しないでしょう。

お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。

金に代表される貴金属はその典型です。

値段が崩れないのが金の魅力です。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。

全世界で普遍的な価値を有していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。

そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、その時の相場をチェックしておくのが無難です。

今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、売りたい金製品はいくらの値段になるのかという見積を事前に立てられることです。

基本的な算出方法を以下に示します。

日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

ここ数年、金の市場価値が高騰していると聞いたので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、例外も多いですが、基本的にはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金やプラチナ製のアクセサリーは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。

広告を非表示にする