金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を当たるというのが基本ですね。

加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくといった工夫もできるといいでしょう。

持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、十分気を付けてください。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、純金でなければ当然それより安い額になります。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、ネットで情報収集することもお勧めです。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

手数料などのシステムも店舗によりけりなので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。

金製の指輪やネックレスなどは、十年以上前に買ったものでも、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。

そうしたアイテムをお持ちの方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。

とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。

本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。

買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。

金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

ネットで個人情報などを登録すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

何日かすると、買取額を通知するメールなどが届きますから、自分がその金額を承諾すれば、直ちに買取金額が口座に入金されます。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。