金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショックからこ

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金買取を扱うお店も増えてきたので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。

また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどというケースが割と多いようです。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、少なくとも一人では買取を利用できません。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。

金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を選ぶ必要があります。

少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくことも必須であるといえます。

少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。

買取額の通知を受けたら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、店に行く時間がなかなか取れない人のための形態と考えてもいいかもしれません。

金の市場価値が上がっているとはいえ、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。

何と言っても、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格がコロコロと変わるためです。

こういった理由から、金相場の変動をチェックしておいて、最適のタイミングで買取を依頼することに全てがかかっています。