金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金といえば純金を

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、大切なのは純度だということです。

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかはあまり知られていないのではないでしょうか。

基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。

その理由には、元々の埋蔵量の少なさを無視できないでしょう。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、価値の根底にあるわけです。

今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。

典型的なものが金(ゴールド)ですね。

何と言っても金は値崩れしにくいのです。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金が投資対象として魅力的である一因です。

ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、実際に買取に持ち込むなら、事前に新聞やネットで相場の上がり下がりを確認してから売るのがいいと思います。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、お店に行く時間がないという方を対象としたサービスといえるでしょう。

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

いきなり家にやってきたかと思うと、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。

玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。

せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。

高額で売却するためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。

それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するという努力も欠かせません。

持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。

ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

広告を非表示にする