金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

世界的な金融危機を

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、現在までの数年間で、少しずつとはいえ、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。

加えて、ここ最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、預金の引き出しにストップが掛けられました。

こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因だったと考えられます。

金買取のサービスが最近流行っています。

金の装飾品などは、昔もらったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で何年も使わずじまいという方も多いと思います。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。

元手があるなら投資を考えてもいいですね。

投資対象は色々ありますが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。

金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。

まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、実際に買取に持ち込むなら、事前に金の相場に大きな動きがないか確認しておくのが無難です。

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印無しでも全て買取してもらえました。

やはり行ってよかったです。

リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、気になって検索してみたら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さんの身分証の提示が必須になっています。

買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、郵送買取など、直接店に行かないケースにも同じように本人確認が求められます。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで法律の要件を満たすことになります。