金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

この前、身内が他界して、金の指輪を遺産

この前、身内が他界して、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。

肝心の金額も予想以上のもので、利用してみて正解だったと今では思います。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、どんなによくできた偽物でも、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、本当に自分が受け取れる額は低くなることになります。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

せっかくの買取で後悔しないように、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。

とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら思い切って専門店に売却して現金化するのも得策なのかもしれないですね。

金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も一定数いるでしょう。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。