金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、それは24金、すなわち純金の話です。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上となると、その重さは600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。

プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。

金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価格を引き上げる要因となっているのです。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、その利益に応じて何重もの税金を支払っていることでしょう。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくことで不安を払拭しておきましょう。

貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムを売却することができます。

一般に、金買取という言葉からは、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。

例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

金の市場価値が上がっているとはいえ、勇み足になるのは賢明ではないといえます。

あまり意識されないことですが、僅かな情勢変化により、金は買取額に上がり下がりがあるためです。

なので、金の相場変動に敏感になり、丁度いい時を狙って売ることこそが、買取で得をするカギとなります。