金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金

依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースがここ数年で急増しています。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、こちらが申し出に応じなければ、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

このような業者は詐欺も同然であり、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。

今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。

ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。

全世界で普遍的な価値を有していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。

ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、実際に買取に持ち込むなら、事前にその時の相場をチェックした上で決断するのが得策でしょう。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属がある人は多くいるようです。

タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みがいいのではないでしょうか。

そうした買取を専門としているお店も街に溢れていますから、いくらの値段が付くかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。

金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。

とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方も一定数いるでしょう。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。