金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれ

ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。

特に、売りたいものが多い場合、店の違いによって金額も大違いになりますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

一口に投資といっても対象は色々あります。

典型的なものが金(ゴールド)ですね。

何と言っても金は値崩れしにくいのです。

ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。

そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認しておくのが無難です。

貴金属の便利な換金手段である金買取。

その利用において大切なのは、実際幾らくらいの金額で売却できるかを正確に知りたいということですよね。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

こうした基本的な計算法を活用し、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

便利な金買取ですが、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。

押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。

買取価格も異様に安かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。

手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。