金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今の金相場はグラム5000円くらいで

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。

買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は買取を依頼するべきではありません。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物を売却することができます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

意外なところではメガネなどです。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯だって値段をつけてもらえるのです。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、どんなによくできた偽物でも、容易に真贋を判別できるのです。