金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなど、数字が24以下になります。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと変化します。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、どのお店に買取をお願いするかということです。

店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、そして最も基本の部分としては、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。

信頼のおける情報といえば、利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。

レビューで高得点を得ている業者を選びたいものですね。

高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。

そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。

もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

それでも、どうしても不安なら、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも解決法としてアリでしょうね。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。

電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属で不要な品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。

それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。