金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定める

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成年に達するまでは単独では利用できないのが一般的でしょう。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多くの方が思い浮かべるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。

多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

呼んでもいないのに自宅を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

使わない貴金属の処分に困ったときは、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で売却できる可能性が高いです。