金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属の便利な換金手段である金買取。その利用において大切なのは、

貴金属の便利な換金手段である金買取。

その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額で売却できるか見込額を知ることだと思います。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか自分で見極められるようにしておきたいですね。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、未成年者は、たとえ18歳以上でも、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。

一昔前と違い、今は実に多くのお店が金の買取をしていますから、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。