金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昨今、街には金買取のショップが溢れていま

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

こうした費用を有料にしている店舗では、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

皆さんも、利用するお店を選ぶときには、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。

買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。

多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増えているようで、法規制も行われています。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、断ろうとすると、強引に買取を強行してくることもあるのです。

後から売却をキャンセルされまいと、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、被害に遭わないよう十分注意してください。