金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人は、やはり少なくないようです。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。

やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、利用してみてもいいかなと思いました。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かを即答できる人は少ないかもしれません。

プラチナの方が原則的には高価です。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量を抜きにしては語れません。

プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。