金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今は金の価値が上がっている時代です。金製

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、十年以上前に買ったものでも、ブームが過ぎてしまったなどでさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

自宅にそうした商品を眠らせている方は、お近くの金買取店で売却することもできます。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

そのようなケースでは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

金の市場価値が上がっているとはいえ、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。

その理由としては、金というのは、とにかく市場価値の変動が頻繁に起こるからです。

そのため、金相場の変動をチェックしておいて、最適のタイミングで買取を依頼することが重要です。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

18Kは1000分の750という純度です。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと色々な種類があるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、注意するポイントがあります。

金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、どの店舗を利用するかで、実際に自分が受け取れる金額はピンキリだということなのです。

なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。