金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

高価な貴金属には偽物も付き物であり、買取ショッ

高価な貴金属には偽物も付き物であり、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。

プラチナの方が原則的には高価です。

昔は特にそうでした。

要因としては、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、価値の根底にあるわけです。

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。

金を購入する際には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。

そのため、未成年の人は買取を利用できないと思った方がいいでしょう。

もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、その場合でも保護者の同意書は必要です。

また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。