金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあり

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。

便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。

訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強引に金の売却を迫ってくるものです。

こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。

金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。

資産を保存する方法としてメジャーなのが、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。

ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。

自分も金による資産保全が気になるという方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。

それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも失敗しないでしょう。

金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を定めているとところが大半でしょう。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。

とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。