金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり

久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。

金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、思い切って利用してみてよかったです。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。

手数料や「目減り」などを取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、実際に受け取る金額が低くなることになります。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

後から損した気分にならないためにも、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、何年も使っていない貴金属製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

自分のことかなと思ったあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で手放すことができるでしょう。