金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどの話は昔からよく聞かれます。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

長年使っていない金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報収集を怠らないことが肝要です。

貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないと思った方がいいでしょう。

もっとも、沢山あるお店の中には、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

さらに、保護者が同意していたとしても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。

そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。