金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持って

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。

そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。

ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

未だ記憶に新しいリーマンショック

それからここ数年で、少しずつとはいえ、金の市場買取価格が上がってきています。

最近ではさらに、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、市場での金の価格が上がる切っ掛けだったと考えられます。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段になるのかを事前に知っておくことでしょう。

基本的な算出方法を以下に示します。

日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。

すると、日本国内の金価格が算出できます。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといったアクセサリーや腕時計といった金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

貴金属を買取してくれる店を探して、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比べてみるのをおすすめします。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。