金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちらがより高い

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。

基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。

その理由には、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、あまりの希少性の高さが、価値の根底にあるわけです。

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、よく見聞きするのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。

まず調べておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。

初めて金を買うときには、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時もセーフティですよね。

今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。

典型的なものが金(ゴールド)ですね。

何と言っても金は値崩れしにくいのです。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

高級品として世界中で認知されているのも、金が投資対象として魅力的である一因です。

そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。