金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを十分見極める必要があるでしょう。

ネットのレビューで評価が低い店などはどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。

金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。

定番といえば、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。

しかし気になる点もあります。

それは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。

自分も金による資産保全が気になるという方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

そういうお店で買った金なら、売却時にも失敗しないでしょう。

ここのところ、金相場の高騰に伴って、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、大変多くの店が出てくるので驚きます。

どうせ不要の品物を売るのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、その利益に応じて何重もの税金を支払っていることでしょう。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、どうにも不安な方は、事前に調べておくというのも一つの手だと思います。