金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、

リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気に留めておくべきことは、相場について正しい情報を持っておくことです。

少しでも高値で手放すことができるよう、毎日変動する相場を入念にチェックし、買取のタイミングを決めるべきです。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが一般的といえます。

上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

買取業者が自宅までやって来て、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができると覚えておいてください。

悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。

お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額で買取してもらうかを決めればいいのです。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間を気にせず利用できるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方が主に利用しているようです。

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。

ごくまれに、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。