金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

全資産を現金で保有するのは少し不安です

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、昔から資産家の間でよく使われているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。

この方法を採用するなら、まず考えることは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。

金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。

そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、本物だという信頼があるので大丈夫です。

ここ十年くらい、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といったテレビCMをよくやっている印象です。

街頭だけではなく、ネットにおいても、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

いくらかでも現金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。

まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。

数日と経たない内に、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

お店のほうでは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、事業所得として金額を申告し、課税されているはずです。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのが得策ですね。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、容易に真贋を判別できるのです。