金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

家のタンスなどに眠ったままの貴金属のアクセサリーをお持ち

家のタンスなどに眠ったままの貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取に出すのも手です。

しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて高額買取している店を探してみるのが吉ですね。

売却する品物の総量が多ければ、買取額にも大きな差が出てきますので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で手放すことができるでしょう。

銀行預金や投資信託などと併せて、よく見聞きするのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。

しかし気になる点もあります。

それは、金をどこで買うかということですね。

新たに金の購入を始められるなら、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも不安にならなくて済むと思います。

業者の人間が突然自宅を訪れ、しつこく金を買い取ろうとしてくるという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できると覚えておいてください。

悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では20歳未満からの買取の禁止が設けられている場合が多いです。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうというのが原則です。

ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

しかし、たとえ親の同意があっても、高校生ならやはり買取は不可能です。