金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔貰ったけどもう使わない、というネック

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。

ニセモノの金でなければ、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントと解釈してください。

純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、その金製品は現実にどれだけの金額で買い取ってくれるのかという見積を事前に立てられることです。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。

すると、日本国内の金価格が算出できます。

こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。

ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。

先日、私もずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。

金買取はそれまで利用したことがなく、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。

そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。

昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。

店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金買取を利用する時のポイントとして、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。

何と言っても、僅かな情勢変化により、金は買取額が上下しやすいという性質があるからです。

そこで、金相場の変動をチェックしておいて、高値になるタイミングを見逃さないことを意識するといいでしょう。