金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。ここに示

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

そのため、例えば200万円以上の額面に達するには、必要な量は600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を粘り強く探してみるといいでしょう。

金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも怠ってはいけません。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。

また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは普段意識することがないでしょう。

最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。

百年ほど前は今よりもっと顕著でした。

それには、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を担保しているのです。

金買取を利用する時のポイントとして、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。

その理由としては、景気の変化などにより、貴金属は価値に上がり下がりがあるためです。

そのため、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することが重要です。

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。

そういうときは、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。

そして、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。

その到着後、買取額を通知するメールなどが届きますから、自分がその金額を承諾すれば、直ちに買取金額が口座に入金されます。