金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近問題になっている事件についてお伝えします。自宅に

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増えているようで、法規制も行われています。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、断ろうとすると、強引に買取を強行してくることもあるのです。

後から売却をキャンセルされまいと、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、被害に遭わないよう十分注意してください。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

買取価格で後悔しないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。

相場変動を逆手にとって、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

要らなくなった金のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を見てみるのがいいと思います。

市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

純度が高いか低いかにより、販売や買取における価格が大きく変わるのです。

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。