読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今では全然身

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今では全然身に付けていないという金製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。

使わない貴金属の処分に困ったときは、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

買取となればそれより若干安くはなるものの、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段の臨時収入が期待できます。

日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、この頃までに、決して急速というわけではないですが、金の市場買取価格が上がってきています。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出しにストップが掛けられました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も金の市場価格を引き上げる起爆剤となったと推測されます。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。

しかし、どこまでいっても不安だという人は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。

昔もらったけど今ではもう使っていないような貴金属のネックレスや指輪などの処分に困っている方もいるかもしれません。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、より高い値段で買取してくれるのはどの店か複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。