金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスの売却を望む方

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスの売却を望む方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%というのが一定の目安になります。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

手持ちの金を買取してもらうときに、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

最近は金買取が流行っているようですね。

私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

金買取はそれまで利用したことがなく、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ネットの情報に頼ることになりました。

その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。

老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せることを知っておいてください。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどの話は昔からよく聞かれます。

もちろん、両者は別物です。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。