読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多くの方が思い浮かべるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。

そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

不況の影響もあってか、金の買取サービスを利用する人は増えており、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定料、手数料などといった諸費用を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、当然、そのぶん実際に受け取る金額が少なくなります。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

純金でなく他の金属との合金の場合は、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどのバリエーションがあります。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。