読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入ってい

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

それと比べればやや低めの買取金額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で手放すことができるでしょう。

金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。

利用を申請すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。

数日と経たない内に、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。

高額で売却するためには、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。

金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも怠ってはいけません。

持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。

そこのお店で売却すればいい値段になるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、納得できないような安い金額で金を手放してしまったという経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。

誠実なお店ならよいのですが、一部では客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

こうした被害に遭ってしまった時には弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。