読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

2008年のリーマンショック以降、現在まで

2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、決して急速というわけではないですが、金の市場買取価格が上がってきています。

加えて、ここ最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金の価値が高騰する引き金だったと考えられます。

よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

もちろん、買取業者の方では、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくというのも一つの手だと思います。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

他の種類の営業電話はよく受けますが、そういう電話は初めてだったので、話だけでも聞いてみることにしました。

そうすると、貴金属製品で今は使っていないものがあったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

最近、身内が亡くなり、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。

買取金額もそこそこの値になったので、思い切って利用してみてよかったです。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで買取ショップが近所にない方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。

利用を申請すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。

早ければ翌日には、電話やメールなどで査定額の提示があるので、自分がその金額を承諾すれば、振込でお金が支払われます。

簡単ですね。