金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。偽物の金

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金の価値が上がっている現在では、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、慌てて売るのはよくありません。

お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

金買取を行っている業者のほうは、動いているお金が個人とは段違いですので、事業所得として金額を申告し、課税されているはずです。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。

今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。

贅沢品の代名詞である金。

しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた金があちらこちらに存在しています。

金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。

こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。