金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

ここ数年、金の市場価値が次第に上がってきているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、その金額や状況によりますが、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。

先日、私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

なにぶん、そうしたことは初めてだったので、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ひとまずネットで情報を集めてみました。

調べた結果、御徒町のあたりに、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。

専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、昔より利用を検討しやすくなりました。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。

店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、考えなしに店を決めようものなら、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを十分見極める必要があるでしょう。

少しでも怪しげな点がある店は利用しないほうがいいでしょう。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。