金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

業者の人間が突然自宅を訪れ、使わなくなった金製品

業者の人間が突然自宅を訪れ、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

しかし、安心してください。

訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておいてください。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金の買取で課税されることなどないでしょう。

買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。

ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくことで不安を払拭しておきましょう。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかは普段意識することがないでしょう。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

昔は特にそうでした。

要因としては、元々の埋蔵量の少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、価値の根底にあるわけです。

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、査定してほしい品物を入れて送り返します。

早ければ翌日には、査定の金額と確認の連絡が来て、自分がその金額を承諾すれば、直ちに買取金額が口座に入金されます。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、大体3500円ほどになります。

そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。