金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方も多くいるのではないでしょうか。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかまで把握している人はあまり居ないように思います。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

その理由には、金と比べても圧倒的に少ない産出量の影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、大体3500円ほどになります。

そのため、例えば200万円以上の額面に達するには、必要な量は単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物が買取の対象になっています。

一般に、金買取という言葉からは、何百万円もする高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取ショップへの持込みがいいのではないでしょうか。

「高価買取」などの看板を掲げたお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。