読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

便利な金買取ですが、一部ではタチの

便利な金買取ですが、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。

こちらが相場などを知らないのをいいことに、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、表向きの買取額が高くても、実際に受け取る金額が低くなることになります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

一例として、18金(純度75%)ならば、大体3500円ほどになります。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。

プラチナの方が原則的には高価です。

理由としては、市場規模の小ささに加え、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を形作っているというわけですね。

近頃では、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

街頭だけではなく、ネットにおいても、気になって検索してみたら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。