金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取は誰でも手軽に利用できて便利

金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。

玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。

業者の人間が突然自宅を訪れ、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておいてください。

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。

できる限り高額で手放すためには、念入りに業者を探さなければなりません。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額が一切ない店も少なくないため、なるべくそういう店を選びたいものですね。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

18Kは1000分の750という純度です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。

電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、利用してみてもいいかなと思いました。