金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店にとって真贋鑑定は重要です。時と

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。

不要な貴金属を買取店に持ち込む前に、注意するポイントがあります。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どの店舗を利用するかで、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はピンキリだということなのです。

なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、損しない売却先はどこか、じっくり検討してください。

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、当然、そのぶん買取の対価として実際に手元に入る金額は低くなることになります。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

後から損した気分にならないためにも、この点を確認しておくことをお勧めします。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、相場について正しい情報を持っておくことです。

少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、売却の時期を決定するのです。

金買取では、申込時の相場により買取額が変動するのが一般的といえます。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどの話は昔からよく聞かれます。

もちろん、両者は別物です。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。