読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の市場価値が上がっているとはい

金の市場価値が上がっているとはいえ、勇み足になるのは賢明ではないといえます。

皆さんが思っている以上に、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格が上下しやすいという性質があるからです。

こういった理由から、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、丁度いい時を狙って売ることを意識するといいでしょう。

金買取のサービスが最近流行っています。

金の装飾品などは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、ブームが過ぎてしまったなどで長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。

そのようなケースでは、運が悪かったと思って諦めることです。

皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。

まず最初に大切なのは無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。

店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。

最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。

ネット上で信頼できるソースはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。

多くの人から好評を得ている店舗を優先して利用するのがいいでしょう。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

もちろん、両者は別物です。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

金やプラチナなどの買取ショップでは、20歳未満からの買取の禁止が設けられている場合が多いです。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。

とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。