金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金は高級品というイメージがありますが、実は私達

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金の加工品があちらこちらに存在しています。

金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。

金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。

金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。

数千円から一万円程度のお小遣いを得られる可能性もあるので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。

金の価値が上がっている昨今、実に多くのお店が買取サービスを謳って営業しています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うところが多くなってきました。

鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。

家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。

要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。

それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金というのが一定の目安になります。

もちろん、この純度が何%であるかによって市場価値は変わってくるということです。

リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系の広告や看板が街に溢れています。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、ためしにgoogleなどで検索してみても、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

いくらかでも現金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

ここ数年、金の市場価値が次第に上がってきているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。