金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金には色々な種類があります。種類を決めているのは

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと色々な種類があるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

貴金属を持て余している方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

買取となればそれより若干安くはなるものの、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で換金することができますね。

これまで金の買取を利用したことがない場合、一番肝心なお店選びの段階で初めての方はよく迷うようです。

どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰でも同じだと思います。

いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。

ネットレビューで高評価のところは、お客さんからの満足度が高いことを示しており、参考になります。

金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。

金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。