読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近はどこでも金買取の店を見かけるよ

最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。

利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを入念に考えないといけません。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は利用しないほうがいいでしょう。

買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかを即答できる人は少ないかもしれません。

プラチナの方が原則的には高価です。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量の影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、「金 買取」などのワードで検索をかけると、大変多くの店が出てくるので驚きます。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

金の相場が上がっている近頃、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、金買取に参入する業者が増えてきました。

全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。